■  名刺交換のマナーってどうよ?



名刺交換もビジネスマナーで基本となるものでしょう。初めての商談や打ち合わせでは必ず名刺の交換をします。名刺交換は相手とのビジネスの第一歩です。相手に自分を知ってもらうと同時に、相手がどういう立場の人なのかを知るのも目的です。第一印象も大切ですから、名刺交換では相手に不快感を与えないように心がけなければいけません。

まず、名刺交換の際は、応接室などで席に座っていても、必ず立って行うことです。テーブル越しではなく、直接相手と相対して行います。 相手が複数の場合は、役職が上の人から名刺を交換します。新入社員(若手)は一番最後に名刺交換をするのがマナーです。貰った名刺は、自分の左斜め前に置きます。出来れば、名刺は両手で受け取ったほうが良いですが、なかなかそうも行きません。この場合、無理をせず、片手でも構いませんが、できるだけ丁寧に名刺を扱うように心がけることです。

名刺は、受け取った後も有効に活用するべきです。帰り際の電車の中や、帰社してから、名刺を貰った日付や、商談の内容、先方の印象など、先方に関する情報を名刺に書き込んでおけば、今後のビジネスにも大いに役立ちます。名刺を保管する専用の名刺ホルダーも用意し、日付順や、業種、役職等、自分なりに分類の方法を考えて、きちんと整理・保管しておくことです。名刺は、今後の人脈形成にも、大きく役立つものです。

■ マナー関連最新ニュース